ずぼら女子奮闘記

ずぼら女子がリアルでは言えないことを吐き出すブログ。

「普通の女の子」になりきるということ

先週から毎朝ヘアアイロンを使って前髪を巻くようになった。この年になってようやく、ヘアアイロンと仲良くなるべく少し前進している。どう考えても遅すぎる。

今日はヘアワックスを買ってきた。家に帰って、お風呂に入る前に髪の毛をくるくるしてみる。恋人の希望でショートヘアでふわっとくしゅくしゅしている髪型にしてみたいと思ったからだ。わたしは生粋のストレートヘア。今まで髪の毛を巻いたのは成人式の日だけである。

 

見よう見まねで家にあるヘアアイロンで髪の毛を巻いてみる。全然うまくいかない。理想の形はあるのに、何度挑戦したって全然うまくいかない。そりゃそうだ、だってやり方が分からないんだもん。YouTubeで「ショートヘア アレンジ」と検索する。一番上に出てきた動画を見て、まずは外ハネ、その次内ハネ、なんて手順を頭に入れる。

でも、手に持っているヘアアイロンの形が違う。わたしのヘアアイロンはストレート用。動画の向こうにいる女の子は円形のヘアアイロンだ。(円形、なんて表現している時点でわたしの美容に関する知識のなさが露呈している)

そりゃぁうまくくるくるならないよなぁ、無理にもほどがあるよ、なんてちょっと落ち込む。ストレートアイロンで少しだけトライして、それでも全然上手に手が動かなくて、理想の5%にも到達できていないような。

ヘアワックスを手に取って髪の毛に馴染ませてみる。ベトベトする感覚がどうも苦手だ。

結局訳の分からない、そして最初と大して変化の感じられない髪型になった。そのままお風呂に入って、髪の毛を洗って、元通りのわたしになった。

 

***

 

「普通の女の子」になることが難しい。

きっとわたしと同じ年代の女の子は、ヘアアイロンを駆使して、かわいい髪型にしたりヘアアレンジを楽しんでいる子が大半だろう。そして、それは世間から自然と要求される。

わたしは頑固だし、ヘアアレンジやファッションに大して興味を持っていなかったから、今までそういった方面の努力をほとんどしてこなかった。

恋人から「こんな髪型にしてほしいな」とリクエストがあり、ちょっと頑張ってみようかなと思った次第である。

 

ちょっと前に髪の毛を染めて、今もそれは継続しているのだけど、お金がびっくりするほどかかるからどうしたものかなぁと思っている。

美容院で髪の毛染めて、整えてもらって、ヘアアイロンとワックス買って、髪色に合わせて眉毛のメイクもしなくちゃならない。

「普通の女の子」たちは、それに当たり前のようにお金を払って投資して、自分を磨いているのだろう。でも、そっちの世界へ一歩足を踏み出すと、びっくりするほどお金がかかるようになって、唖然としている。

賢い子は、節約しつつも上手にやりくりしているのだろう。

着ている洋服だって、わたしはほとんどお金をかけていないけれど、きっともう少しいい服を着ていてもおかしくない年齢になってるんだろうな、なんて思う。

 

「普通の女の子」になるのは難しい。少なくとも都内のあちこちにいるような平均的な女の子になるためには、お金と努力が欠かせない。

わたしはわたしらしくいたいし、何かに媚びているわけでも、ブランド物に興味があるわけでもないけれど、それでももう少しかわいくなって、恋人に「いいね」って言ってもらいたいなと思う。

 

だれかに基本の「キ」からヘアアレンジの方法教えてもらいたいな、いつも行ってる美容院で聞いてこよっかなと思ったりもしているんだけどね。

かなりスローペースだけど、ゆっくりと前進していきたいな。めざせ女子力アップ!

おめでとう!と伝えられる人生

最近、身近な先輩が結婚したり、子供が生まれたり、なんてことが立て続けに起きている。
人生初の結婚式へ出席して、今は出産祝いをなににしようかな〜と悩んでいる。
先日はついに親しい同い年の友人から「今度結婚する」という報告も受けた。わたしの親しい友達第一号だ。

結婚とか、子供が生まれて家族が増えるとかってものすごくめでたいことなんだなって感じるようになった。
お子さんが生まれた報告を受けた時、いつもは怖い顔してる周りのおじさんたちもいつになくニコニコして「おめでとう!」と言っている光景を見ることができた。

結婚式で花嫁さんが入場してくる瞬間、泣くとは思ってなかったのにものすごく感動して、ぶわぁぁあああって涙がこみ上げた。必死に自分の頭で「これ以上泣くな泣くな、油断するな」と自制をかけた。そうじゃなかったら声を上げて泣いてしまいそうだったから。
扉がぱーんって開いて、花嫁さんが入ってきて、お母さんにベールかけてもらって、お父さんと新郎のところに向かうシーン、あれ本当にヤバい。あのシーン見るためだけに御祝儀出す価値あるよ、本当に。

幸せの形って色々あると思うけど、結婚した先輩とか、子育てしてる先輩たちがとっても幸せそうに見えて、わたしもいつか結婚して子育てしたいなぁっていうThe平凡な夢がむくむくと成長している。

周りの人とか、本人たちの苦労話とか複雑な感情とかも想像できるし、いつかわたしも手放しに喜べなくなる瞬間が来るのかもしれないけど、今は純粋にハッピーでおめでたくて、おめでとう!って全力で思えるのでおめでとう!って全力で祝いたいです。
いくつになっても、自分の人生うまくいかなくても、親しい人のおめでたいことに対して「おめでとう!」って純粋に祝えるような人でいたいな。

 

くるしい?

低気圧が来ると決まって体調が悪くなる。
起き上がるのがしんどくて、気持ち悪くて、落ち込むようになってしまった。

全てを包括して、マイルドに表現すると「体調が悪くなる」と表現される。そして気分は「落ち込む」という状態。

落ち込んだ時に何を考えるかと言われると「死にたい」とか「消えたい」といった類の感情で。
うつで通院してた時と同じ感じ。でもあの時よりも感じる頻度も重さもぐっと楽になっている。気圧が下がった時(もしくは直前)だけだから、月に数回あるかないか。感情の波が襲って来るときは決まってしんどいけど、それが過ぎ去れば「あぁ、低気圧来てたからだね」と冷静に振り返ることができる。

これを書いてる今も気分は重い。
もう通院も服薬も終わっているから、健康な人と何一つ変わらない生活を送っているのだけど、低気圧が来るとどうしようもなくつらくなる。
でも一過性で、一晩じっと耐えていればその波は過ぎ去って、昨夜つらかったことなどすっかり忘れてしまう。

でもやっぱり苦しい、定期的に苦しい波がくるのはやっぱつらい。一度医者に行って相談してみた方がいいのかもしれないなぁ。

なんて思いつつ、重い体を引きずって今日も仕事へ向かっている。

からっぽ

1年に一度のこの季節がやってきた。
血が沸騰するような、懐かしさに痺れるような、心臓がぎゅっと張り裂けそうな、そんな気持ちになるこの時期。

 

かつての仲間と1年に一度、理由がなくても集まれるこの時期。今までの私はこの時期を心待ちにしていて、「楽しみ!」っていうプラスの感情しか湧かなかったのに、今年はどうも気乗りしなかった。
誘われた時に「めんどくさいし、遠いから行くのはいっか」という感情しか浮かばなかったり、なんならもう少し近場でやる飲み会でさえも行くのを渋ってしまうほどに。
一体なんなんだろう。

 

インスタに懐かしい仲間がたくさん登場して、楽しそうにしている動画を何回か見たけれど一切羨ましいなぁ、とかって感情も浮かばなくて、私の心も廃れてしまったなと。
大人数の人に一気に会うのが疲れちゃうのかな、だとしたら人と会うのは控えようかな、なんて思ったり。

 

地元に戻って、地元の友達と飲むことがめっぽう増えたんだけど、居心地が良くて楽しくて、わざわざ人がごちゃごちゃしてるところより、空が広くて、お店も空いてて、すぐ家に帰れる場所で気の合う少人数に会う方がいいのかもしれない、なんて思ったりして。
大好きだったのになぁ、大好きなんだけどなぁ。

 

バカみたいな夏の灼熱地獄が終わって、お散歩に心地いい季節になったけど、私のすぐ近くには気軽に「散歩行こう」なんて誘える人はいなくって、誘ったらきてくれる友達は何人かいるだろうけど誘う元気もなかったりして、ただ横になってウトウトしながら休日が終わる、なんてことが多々ある。
ひとりで遠出してもいいんだけど、その時に発生する出費を考えて、「やっぱやめとこ」ってなってしまう。
余暇に回すお金が全然ない、無駄遣いしてるつもりはないんだけど、貯金のことや将来のことを考えると全然遊びに使う余裕がなくて、こんなんじゃ若者元気にならないし、結婚だってしたくてもできない人たくさんいると思う。生活には困らないけど、それは最低限の生活ができてるだけで、余暇でパーっと遊びに使おう、なんてならない。

 

30近くになって結婚できる気配がなかったら、ペット可の部屋借りて猫を飼うのが目下の目標だったりする。

 

お出かけも写真も文章書くのも、好きで好きでたまらなかったのに、どれにも最近は興味がまるでなくなっていて、疲れてるのか、興味がなくなったのか、なんなのか、って感じ。

寂しいだけなのかもしれない、本当は毎週末飲み会の予定入れたいけど、財布の中身を見て大人しく家に帰って、本を読むかYouTubeを見るかの繰り返し。たまにジムに行くとか。
すぐに会える距離に彼氏がいればいいけど、それは無い物ねだりだからと自分に言い聞かせる。気分転換とか上手にできたらなぁ。

 

***

 

世の中には「自分の話を聞いてもらいたくてたまらない」ひとがたくさんいて、というか誰もがその願望を持っているのだろうけど、私はそんな願望が強い人たちの話を聞くことが多い。
私が自分から話しまくるタイプじゃなくて、じっくり話を聞いてくれるから、そしてなんとなく相手が欲しい答えとかも分かってしまうから、私に話しやすいんだろうなぁとか思ってしまう。

 

大抵の場合、ギブアンドテイクで会話は成り立つと思っていて、話を聞いてもらったら話を聞いてあげるし、自分の話をとにかく聞いて欲しい!って思った時に泣きつく友達(私はあまり人に泣きつくタイプではないのだけど)の話はいつだって聞いてあげたいと思う。
男友達の終わりのない相談を聞いている時、「ギブアンドテイクとは、、こいつ話を聞いて自分に都合の良い相槌を打ってくれる人なら誰でもいいのでは、、」と思ってしまう事があって、うーむと思っている。


「頼れるのはすだちと〇〇くらいしかいないんだぁ」と言われると悪い気はしないけど、モヤッとしたものは残ってしまったり、疲れてしまったりするんよね、
別にその友達のこと嫌いじゃないし、むしろ仲はとてもいいと思ってるんだけど、最近はカウンセラーの気持ちにしかなれない、言葉のキャッチボールは大事だぞと、なんだか上手に言えないけどコミュニケーションって難しいね。

 

結論は出てるけど、いまひとつ踏ん切りがつかなくて、背中を押して欲しいだけ、って相談がどれだけ多いことか。いや、私もそれをしていることがたくさんあるから人のこと言えないんだけどさ、結局相談して返ってきたアドバイスが自分の理想とかけ離れてたら「全部それは違う」ってなる事が多いよね、柔軟な思考とか気持ちを維持するのはたいへんだぁ、、

今日はそんな感じ。モヤっとする11月のはじまりでした。

 

 

なんでもないんだ

1ヵ月ぶりにPCを開いた。本当はブログを書くだけじゃなくて、もっと学習するために、勉学を極めていくためになけなしのお小遣いをはたいて買ったデスクトップPCなのに、1か月に1度しか開かれないなんて、もったいなさすぎる。それでも、私の今の生活ではそれくらいの頻度しか開かれないし、専門的な学習をするためじゃなくて、ブログを書いたり、動画を見たり、それくらいのスペックで十分成り立つもので十分になってしまった。スペックオーバーのPC。かわいそうだけど、どうしようもない。

もういちど私が専門性を自宅でも極めていこうと思った時には役立つのだろうけど、職場で十分しごかれている私にとって、自宅でそのスペックは必要としていない。ごめん。いつかどこかで活躍の場を探してあげたい。そもそも使いたいソフトのライセンスが切れているような気もする。まぁいいや、私が言いたいことはそんなことじゃあない。

 

簡単に言うと、酔っぱらっている。

職場の飲み会で、ビール一杯とハイボール一杯くらいに抑えておこうと思ったのが束の間、飲み放題メニューに私の大好きな日本酒の銘柄を発見してしまったのだ。だいたい飲み放題の時にはよくある無難で安い日本酒の銘柄が書かれているのだけど、今回は違った。ちょろい私はホイホイつられて、おじさんにまざって日本酒で乾杯。しれっと合計4合ほど飲んで帰路についた。まだ火曜日なのに、しょうがないじゃないか。

まぁ明日はほぼヌルゲーなので、多少酔いが翌日に回ってしまってもどんまいということで済ませようと思う。

 

電車を乗り継ぎ、最寄り駅に着き、意味もなくポップキャンディーとアイスを駅前のスーパーで買い込んだ。なぜ棒付きのキャンディーを買ったのか、さっぱり意味が分からない。棒が付いていたら、職場で食べるわけにもいかないし、電車の中でぽんと口に入れる、なんてこともできない。自宅で細々と舐めることしかできないというのに、1時間前の私は無性に「棒付きの」ポップキャンディーを求めていたらしい。

というわけで今は棒付きのポップキャンディーを舐めながら久しぶりのブログを書いている。

 

しばらくまともにブログを更新していないけれど、色々考えることはあって、たまーに文章も書いているのだけど、なかなか公開までに踏み切れない中途半端な状態で終わっていて。言い訳でしかないけど、これが現実なんですよ。。

極力誰も傷つけないでいたいから、そんなことを考えると、なかなか難しかったりする。そうすると、どうしても、閉ざされた、狭い世界でしか本音を言えなくなってしまう。

 

酔っぱらいながら自宅に向かっていると、彼の胸に飛び込みたくなる衝動に駆られる。結婚している夫婦や、同棲しているカップルがどうしてもうらやましくなる。いつだって、帰ったら一番好きな人がいるだなんて環境、最高すぎない?そんなにいいことばかりじゃないんだろうけど、やっぱり人間ないものねだりで、一番そばにいて欲しい人がそばにいないと、寂しく感じてしまうし、そばにいる人のことを羨ましく感じてしまう。

 

まだ火曜日かぁ。今週はあと3日もあるのかぁ。長いなぁ。

ブログもnoteもちょっとずつ更新していきたいと思いつつ、なかなか難しいもんだとおもいつつ。のんびりやっていきます。

人生初のピラティスで筋肉痛がハンパないです。以上!