ずぼら女子奮闘記

ずぼら女子がリアルでは言えないことを吐き出すブログ。

高校の化学の先生と思い出

唐突に高校時代の化学の授業の思い出がよみがえったので、思い出話を書いてみる。

 

高校3年生の春、新たなクラス分けの結果、同じクラスで物理と化学を選択したバリバリの理系女子は私ともう一人の女の子だけだった。クラスで2人しかいない理系女子。

仮にKとしよう。Kとはあまり話したことがなかったけれど、前からKの存在は知っていて、なんとなく気が合いそうな、面白そうな子だなとは思っていた。私たちの距離が縮まるのに、時間はほとんど必要なかった。

毎日のようにある数学ⅢC、物理、化学の時間。移動教室は決まって彼女と移動するようになった。いろんな話をして、くだらないことで笑い転げていた。

 

私は理系に進んだけれど、決して数学や、物理や、化学が得意だったわけではない。特に数学はめちゃくちゃだった。

先生が何を言っているのか、黒板に何が書かれているのか、参考書の説明が何を説明してくれているのか、さっぱり分からなかったし、でも進みたい分野が理系だったから必死に食らいついていた。微分とか積分とか、運動方程式とか、有機化合物とか。今聞くと懐かしい単語ばかりだけど、もう当時はさっぱり分からなくて、でも少しだけ分かった瞬間が楽しくて、四苦八苦しながらも夢中で勉強していた。

 

高校の授業で特に印象に残っているのが化学の授業である。先生が、とてもいい先生だった。

私たちにとても熱い授業をしてくれて、ほぼ毎時間と言っていいほど実験をやらせてくれた。実験の準備は大変なはずなのに、嬉しそうな顔をしながら、化学の面白さを伝えてくれた。朝や放課後に質問をするために化学実験室へ行くと、いつも実験の準備をしている先生がいた。部活帰りに校舎を見ると、化学実験室だけ明かりが灯っていることがよくあった。

その先生のおかげか、化学に関しては高校時代、得意教科と名乗れるほどになったし、今でも忘れられないエピソードがいくつもある。

 

化学の教室は、普通の教室とは違って実験がすぐにできるように机の配置が少し変わっている。化学の時間は実験の班ごとに分かれて着席するシステムになっていた。

40人近くの化学の授業、同じ教室の中に女子は8人。(化学・生物選択の女子もいるから、物理の時間より化学の時間の方が少しだけ女子の比率が上がる)

8人の女子は、4人ずつの班分けになっていた。私とKは当然同じ班。あとの2人は隣のクラスの理系女子だった。この4人で1年間化学の時間を共に過ごしたのだが、本当に楽しかった記憶がある。

卒業するときに化学班の4人で東京の科学技術館へ行って、1日中子供に混ざって遊び倒したりもした。卒業後も、定期的に顔を合わせている。

 

私たちの席は、教室の中央の一番前。先生の目の前の特等席だった。

あーでもない、こーでもないと言いながら実験をしている私たちに先生はずいぶんと構ってくれていたように思う。

化学の授業の実験は、とにかくめちゃくちゃ楽しくて、次はどんな実験なのかな、どんな反応があるのかな、どうしてこの色になるのかな、なんて考えると高校生ながらにワクワクしたし、それが理論的に説明できるようになった瞬間の喜びはものすごく大きかった。

 

化学の先生は、化学以外のこともたくさん教えてくれた。

地球温暖化や環境問題など、世界が直面している危機についてたくさん語ってくれた。

「あなたたちは日本や世界を引っ張るリーダーになりなさい」とよく口にしていた。

「この教室の中から、ひとりでもリーダーが出て、そのリーダーが僕が授業で話したことを少しでも覚えていてくれたら、それを少しでも実現してくれたら、それに勝る喜びはない」と話した時のことは鮮明に覚えている。

私は「この教室からそんなすごい人出てくるのか?」なんて他人事に捉えていたけれど、あながち先生が言っていたことは実現不可能じゃないんじゃないかってふと思った。

私は研究の道は諦めてしまったけれど、海外で腰を据えて研究を続けている友人もいるし、博士号に進む意思を固めている友人もいる。すごそうな賞を取っている友人もいるし、あの化学実験室に集まっていた高校生のときの私たちには無限の可能性が広がっていたんだなぁと今更ながらに思う。当時は全く考えていなかったけれど。

 

私はあの先生が言っていた「リーダー」にはなれないだろうけど、なにかどこかで社会に還元できることができたらいいなって今思い出して改めて感じた。

少しはそんな仕事ができたらいいな。

 

話題があっちへ行ったりこっちへ行ったりまとまりがないけれど、私の高校時代の思い出話でした。おわり。

私のブログの最期は

愛やらなにならについて考えながら帰ってきた。
そんなことはどうでもよくて、今回は私の記録。
 
今週に入ってから仕事終わりの疲労感がひどい。家に何とか帰ってきて、ベットに転がり込むことしかできなくて。
慢性的な疲労感、というのが正しいのだろうか。
うつ病のだるさとはまたちょっと違う、身体的にただただしんどい、という状態が続いている。
 
家に帰って着替えるのもままならない状態で、ベットに入って1時間くらい寝て、なんとか起き上がる。
お風呂に入ってメイクと汗を流して、少しだけご飯を食べて、文章を書いて、恋人と電話して、寝る。そんな感じ。
 
今日の疲労感は先日までに増してひどくて、夜ご飯もバナナとパンひとかけら、みたいな状態だ。普段の私だったら絶対にありえない。
なのになぜか、ブログを書いている。文章を、書いている。
 
呪われたかのような身体の重さを引きずりながら帰ってきて、「わたしこのまま死ぬんじゃない?」ってリアルに思った。
これはうつの時の「死にたい」って考えちゃう現象とはちょっと違くて、普通に、この体調の悪さが続いたら、まだ若いけどぽっくり死んじゃう可能性もあるなって冷静に考えてついてしまったのだ。
 
私は自分が死んだら、このブログや今まで書いてきた文章を家族や友人や親しかった人たちに読んでもらいたいと思っている。
私が死ぬまでは、本当に数えるくらいの人にしか教えない予定だけど。読まれたら恥ずかしいもん。裏事情とか知ってる人に、感想とか言われちゃったらなおさらヤバいもん。
 
「これがわたしなんだよ」「これがすだちだったんだよ」「確かに生きていたんだよ」
ということが、残せるんじゃないかなぁなんて最近考える。
 
身体はだるいけど、「書きたい」って気持ちだけは萎えなくて、現に重い身体を引きずりながら、なぜかPCに向かってこの文章を書いている。
お金になるわけでも、誰かから褒められるわけでもないのに。なぜだろう。自分が不思議でしょうがない。
 
寝たきりになったとしても、ぎりぎりまで文章は書き続けるんじゃないかなと、勝手に未来のわたしを予想している。
どうなんだろうね、明日のことさえも、分からない人生だね。
 
明日も生きていきましょう。

もどかしさ

絶対この時期がやってくると思っていました、復職してから必ず通る道。

「わたしはいつ通常モードに戻れるの?」

 

今は幸い周りにとっても甘やかしてもらっていて、自分に大きな負担となるような仕事は降ってきません。期日にも余裕があって、内部とのやり取りだけで終わるような仕事。

でもそれは本来私がやっていた業務とは少し違っていて、私の希望としてはいつか本復帰したい。元々やっていた業務ともう一度向き合って、一人前になりたい。早く周りから戦力と思ってもらえるような、周りの先輩たちの少しでも支えになれるような、そんな人材になっていきたいと思っています。

(こうやって文字に起こすと意識高い人みたいになるな…)

 

今年一年のざっくりとした見通しが出て、私のチームで捌かなきゃいけない業務量が適正値が「1」だとすると今年は「7~8」くらいあるんですよ。(毎年適正値を大幅に上回る業務量が降ってくるチームではあるんだけど。多分去年は「5」くらいだったと思う)

めっちゃ多い。そのくせまだ戦力にならなくて仕事上配慮が必要な私がいる。

申し訳ない気持ちがある反面、しょうがないようなと思ったりもして、でも、やっぱり早く役に立ちたいって気持ちがふつふつと生まれてきています。

職場に行くのがやっとだった時から、少しずつ余裕が生まれてきて、周りが見えるようになってきて、焦りとか、申し訳なさとか、でも病気も完治させなくちゃいけないし、仕事もできるようになりたいし、色んな感情がぐちゃぐちゃしてきます。

 

「焦りは禁物」だと思って、セーブかけるようにしているけれど、でもやっぱりもどかしいなぁ。

「3か月休んだから、完全復帰するまでには6か月くらいかかると思ってのんびりやろうね」と声をかけてもらっていて、そんな風に声をかけてくれる周りの環境や人がとてもありがたくて感謝もしているけれど、ふがいなさとかもどかしさとかはどうしても出てきちゃうんだよな~しょうがないよな~

 

こんな風にぼやいていたことが笑い飛ばせるくらいに、ばっちり元気になって、バリバリ仕事もできるような人に早くなりたいです。めっちゃ早く仕事こなして、定時で颯爽と帰りたい!笑

こんなにやる気がある人間を失うのはもったいないぞ弊社~~なんてね。ごめんなさい冗談です。

 

仕事もプライベートもぼちぼちのバランスでやっていけたらいいなと思います。

平日にブログ書けるくらいの余裕が欲しいよね。ではでは~

ふたりが好き

私は人と会うとき、大人数よりも4人、4人よりも3人、3人よりも2人、と言ったように人数が減れば減るほど居心地がいいなと感じます。
飲み会とか、お出かけとか、旅行とか、その他もろもろ。
2人だとうまく話せるのに、3人以上になった瞬間上手に話せなくなってしまうシーンが多々あって。というかほぼそれ。
 
小学生の時から、普段一緒にいる仲のいい友達は絶対1人で。移動教室や、休み時間はその友達とふたりで過ごすことが圧倒的に多かった。
それは中学、高校、大学と年を重ねても全く変わらなかったように思います。
社会人になっても、友達とはふたりで逢う確率の方が圧倒的に高くて。飲みとかご飯とかお出かけとか。
 
例えば、4人で飲み会しよう!となって行きますよね、楽しいんだけど、自分が会話を回すとか積極的に話すとかってことは全然なくて、ひたすら話を聞く側に回ることになる。
話したいことないの?と言われてもうまく話せなくて、3人以上で会話のキャッチボールをするのって急に難易度が上がる気がするんです。
話を聞いてるだけで私は楽しめる人間だから、全然それでいいんだけど、でもやっぱりできるなら1対1で話したいなって思ったり。
 
2人で差し飲みや、お出かけできるだけの仲の友人であれば、まぁそれだけで安定した居心地は保証されているに等しいってのもあるし、話していてキャッチボールができてる感覚があるから楽しいし嬉しいんだよね。
1対1なら何でも話せる仲なのに、その友人が4人集まった瞬間、急に何も話せなくなってしまう。なんなんだろう、この感覚。
 
理由はよく分からないけど、圧倒的に「ふたりが好き」な人間なんだと思います、私は。
もちろん3人以上が嫌だってわけじゃないです。3人以上でも楽しく過ごせる関係性の友人も何人かいるしね。でも、たくさん話してじっくりと向き合うなら、やっぱりふたりかな。

最近のこと(2018.6)

平成最後の夏がやってくる。湿度がまだないだけ暑さに耐えられるけど、これから日本らしい湿度たっぷりの梅雨と夏がやってくる。
温暖湿潤気候。じめじめ。からっとしてる過ごしやすい気候は今日明日でしばらくさよならだな、なんて考える。
ということで、最近のお話です。
 

・ジム生活のはじまり

ツイッターではうるさいくらい呟いてるけど、ジムに行き始めた。
筋トレをして、ランニングして、汗を流してお風呂に入って手足を伸ばして。
錆び付いていたブリキのおもちゃが動き出した感じがする。
今まで高校の部活引退以来、全くと言って運動してこなかった私はすっかり運動不足。そして案の定太ってしまった。
 
一念発起していざジムへ。一度身体を動かすと案外楽しい。
自分でやろうとして自重が支えられず挫折した腕立て伏せ。ジムのマシンを使えば適度な重さから腕や背中を鍛えることができる。
筋トレマシンはすごい。安全に配慮して作られているだけではなく、重さを調整できる。最初は軽く、慣れてきたらだんだん重く。当たり前かもしれないけれど、徐々に負荷をかけて行くことで最初のハードルを下げる効果がある。
 
通い始めて2週間ちょい経ったんだけれども、心なしかお腹がへこんだ気がする。気のせいだろうけど、ポジティブに捉えていきたいよね!!
胸のサイズが小さくなることを切に願っていたりする、サイズを気にせずかわいい柄のブラを買いたいよ〜〜
そんでもって走るときの痛さが無くなると嬉しい。今は走るとめっちゃ痛い。
 

・お金の使い方

最近、お金の使い方を見直した。
前までは残業代が割とがっつり入ってたから余裕があったんだけど、残業代がなくなった今、急に家計が危うくなっていることに気がついた。目標金額の貯金厳しくない?!って感じ。
月数万だけど、残業代の威力は社会人1年目の私とっては、とても大金でありがたい存在だったんだなーと。
 
残業代なくても、生活費と貯金のバランスがうまくいくように、残業代が入ったとしたら、それは上手にやりくり(貯金なり旅行なり…)していけるようにすることが大切だなと。
職場で行かなくても許される飲み会は積極的に断っていきたいと思う。たかが数千円、されど数千円。
 
ちなみに格安スマホに乗り換えました。機種代込みで月1万弱だったのが、月1980円になるという奇跡。今まで損していた金額の計算は絶対にしないと心に決めています。
UQモバイルにしたけど、速度の遅さそんなに気にならないし、低速モードなら月いくら通信しても大丈夫だし、ブログやSNSやる分には低速モードで十分だし、もっと早く乗り換えておけばよかったーーー!!と全すだちが叫んでる。
 

・褒められるようになった

髪の毛を染めたんだけど、結構周りの反応が良くて。
「雰囲気変わったね!」とか「前よりかわいくなったね」って言ってもらえることが増えた。
そもそも人から外見をほめられたことなんてほとんどない私。当然自分自身に自信なんてない。
お世辞なのかもしれないけれど、それでも、褒めてもらえると純粋に嬉しいなって思う。
これは自ら「髪の毛を染める」というステップを踏み出した成果なのかなと思ったりもしていて。
昔は「私は絶対黒髪で生きていくから」なんて宣言していた。そのこだわりに、理由なんてなかったのにね。
 
変化を自ら受け入れにいくということはとっても大事なんだなと思ったりしています。新しい学び。
 

・3日連続で靴下に穴が空いた

超くだらないんだけど、3日連続で別の靴下に穴が空いたんですよ。こんなことあります?何かの陰謀?
逆にラッキーだったのかなとプラスに捉えていきたさあるよね。
 
 
これからの湿度と低気圧ラッシュ、しんどくなりそうだけどなんとかやっていきたいですね。
このブログも300記事目前です。いつ達成できるかな~楽しみだな~
では!