ずぼら女子奮闘記

ずぼら女子がリアルでは言えないことを吐き出すブログ。

アラビアータ

通っている病院の近くに、気になるイタリアンのお店があった。そこは駅の近くの古い団地の中にある。 先週、お昼時を少しずらして行ってみたのだが、あいにく満席。地元の主婦たちが集っていた、ということはやはり人気店なのだなと思い、今度はもう少し時間…

ファミレスにて

さようなら、そんな気持ちで書いている。 午後3時に入った時は、外は明るかったけれど、今は外を走る車が暗闇の中で光り輝いている。わたしはまるで闇だ。気持ちは晴れない。気を奮い立たせて家を出て来たけど、まるで、使い物にならない、ボロ人形のようだ。…

400記事目です

ブログを開設して、今回の記事が400記事目になる。丸3年と少し。多いのか少ないのかは分からない。もっとたくさん、昔から長い時間をかけて更新され続けている素敵なブログをたくさん知っているし、自分と同時期にはじめて、ものすごく伸びているブログも知…

解離

2年前の冬から、私の中には別の「なにか」が住むようになった。「なにか」は、私の臓器をぐちゃぐちゃのどろどろにしたような形をしており、落ち込んでいるときは絶えずわたしの人体の中にいた。「なにか」が自分の中で大暴れする。脳内では「死にたい」「死…

ヨガ5回目 / ハロウィンの日

今日も、午前中の予定を完遂することができなかった。午前中に予定が入ってると、朝起きた時のけだるさが尋常じゃなくて、朝ごはんがほとんど食べられない。今日は梨をひとかけら。なんとか行こうと踏ん張ったけど、結局ひどい吐き気で動くことができなかっ…

つらいときの思考

2週間くらい前に、書いた文章。つらいけど、忘れてはいけないと思うから、ブログに残します。 誤字脱字が多いし、文章もぐちゃぐちゃだけど、原文そのまま。 *** さて今これをベットに横になりながら、音声機能で書いている。「死にたい」と言う感情が、…

最近のこと(2019.10)

最近、ケルト音楽にハマっている。YouTubeで適当に検索したものを聞きながら、ぼーっとしたり、ブログを書いたりしているのだが、なんだか明るい気持ちになれるので、とてもいい。冒険に出かけられるような、街でお祭りがおこなわれているような、そんな感じ…

インターネットと情報

ゆっくりと書いてみることにする。ふだんの書くスピードは、たぶん、それなりに早い。一度書き始めたら、ノンストップで脳内から出てくる言葉を、少し焦りながら(脳内から言葉が溢れてくるスピードがはやいため)、キーボードでインターネットの世界へと打…

ヨガ4回目 / はじめての出来事

今朝、今までに起きなかったことが起きた。人生で初めてだった。 現在進行形でうつ病の治療をしている普段の自分の頭の中には、秋空の雲が風に流されるように、ぼんやりと「死にたい」という気持ちが流れている。調子が悪いときは、それが土砂降りのように降…

ヨガ3日目

ヨガをはじめて、5日が経過、3回目のヨガに行ってきた。 本当に何かの冗談なんじゃないかってくらい、すこぶる調子がいい。 今日も雨で、頭痛ーるではずっと「警戒」の表示だったのに、いつもほどのメンタルの落ち込みと体調不良が出なかった。割と身体が軽…

夜の公園

夜の公園が好きだ。ようやく秋らしさがやってきた10月の終わり、曇り空の下、帰り道に公園に寄った。 遠くにある幹線道路を車が通る音が、かすかに聞こえて、あとは虫のさざめきが聞こえるだけ。 リンリン、チリチリ、シャララララ。 無人の公園のブランコに…

ヨガ2日目

今朝、目が覚めたら8時だった。昨夜眠りにつけたのは3時くらい。やっぱり眠くて、世間も休日だったから、もう一度寝ることにした。気づいたら11時。そのままベットの中でうじうじして、12時。 起き出して、鶏ハムのサンドイッチを作って食べた。よくある光景…

リワーク初日の記録

今日はリワークの初日だった。 正直言って、リワークがよく分かっていない。前回休職した時は、リワークの過程は踏まずに、いきなり職場復帰したからだ。毎日身体を休めていると、いきなり社会に出て仕事をすると言う行為のハードルが高くなってしまう。体力…

幸せ探し

結局、自室が一番だと思った。 自分だけしかいない部屋。ベットと、勉強机と、本棚と、衣装棚がある。出窓の上の空間は何も使ってないけれど、朝カーテンを開ければ、光が差し込む。 疲れた時はベットの中に潜り込んでしまえばいいし、手の届くところにスマ…

いちにち

まるでだめな一日だった。 「だめな一日」なんて、だれが決めたわけでもない、勝手に自分で決めつけているだけだ。少しだけ柔らかい表現にしようと思う。「まるでなにもできない一日」だった。 朝、目が覚めても体が動かなかった。すぐにやってくる睡魔に身…

「繊細さ」を受け入れて生きていく(HSPについて) / 武田友紀著「「繊細さん」の本」を読んで思ったこと

久しぶりに本屋さんで元気な時に見つけた本。タイトルを見た瞬間、すぐに購入を決意した。 武田友紀さんの「「繊細さん」の本」を読んだ。 「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる 「繊細さん」の本 作者: 武田友紀 出版社/メーカー: 飛鳥新社 発売日: …

増税前にやりたいこと

あと10日ほどで消費税増税がはじまる。わりと生活を直撃する感があるけど、まぁしょうがないかなと言う感じ。これを機に自分のお金の使い方を見直したりしてみようと思う。あとは、欲しいものなど。増税前に買った方がいいものとかについて考えてみる。 ①ス…

「やりたい」でパンクする前に

妄想力・想像力は豊かな方だと思う。一度アイデアが浮かぶと、「あれもやりたい、これもやりたい」とどんどん考えが浮かんできて、一度にやろうとする傾向にある。もちろん、思いついた初めて取り組むことが同時にたくさんできるはずもない、旅行記を書こう…

はじめての睡眠薬

1ヶ月前に病院に行った時に「眠れない」と相談した時に、睡眠薬をもらっていた。「1時間くらい寝付けなかったら飲んでみましょう」と言われていたのだけど、なんとなく怖くて、使えなかった。睡眠を安定させれば、だいぶ体調も良くなるはずだ。昨日の夜「3時…

耐え忍ぶだけ

すごかった、台風15号。3日前くらいから、頭痛と気持ちの落ち込みが始まって、直撃した日の深夜はほとんど眠れなかった。1時に寝てすごい風の音で2時に目が覚め、5時まで眠れず、ようやくうとうとしたと思ったら6時にまた目が覚めた。いつもそんな感じだけど…

「そうなんだ」

先日、電車に飛び込もうとした。本当に死にたいと思ったのかどうかは分からない。でも、目の前に走ってくる電車に吸い込まれるような気がして慌てて、気をそらした。ホームの乗り口から一番遠い、安全な場所へ自らを避難させて、なんとかやり過ごした。1日経…

電車の向こう側

※割と重いかも&仲のいい人はショックを受けてしまうかもなのでやや閲覧注意ということにしておきます。自己責任で。よろしく。 *** 週に一度の治療日。トラウマについて思い出すと、怖いイメージばかりが頭に浮かんでくる。脳みそと心が疲弊する90分。 電…

わたしと一緒に

地元のフードコート。病院帰りの午後6時に重いリュックを担いでやっとの思いでたどり着く。100円のコーヒーを買って、ひと息。地元はどこも空いてるからいい。全く人がいないわけではない、でも席は自由に選ぶことができる。自分的に落ち着ける席があること…

ブログをはじめて3年が経ちました

本当は8月末に3年を迎えていたのだけど、とにかく、3年が経過しました。早いものですよ。もうすでにはてなブログ4年生です。何も変わってない気がしていて、3年前から随分いろんなことが変化したなと感じています。昔のブログを読むのは楽しいけど、ちょっぴ…

自分に嘘をついてもしょうがないから

自分の中のダークで真っ暗でどん底の感情、意識的にふわっとやわらかい言葉で表現するように今までしてきたけど、素直な気持ちや状態を書き残しておいてもいいんじゃないかなってふと思った。 ※というわけでこの先は暗いので、マイナスの感情を受け取りやす…

最近のこと(2019.9)

なんとか生きてます。すだちです。2ヶ月も「最近のこと」をサボってしまいました。まぁしょうがないですね。ではいきます。 なんとか生きてるこの言葉に尽きる。辛うじて、というか、ギリギリのところで、というべきか。毎日しにたいきもちがふわっと出てき…

魂3%

電車に乗れなくなって、数か月が経った。 一日2時間しか寝れない日もあれば、10時間以上ぶっ通しで寝て、それでもまだ滾々と眠り続ける日もある。 一日3食もりもり食べられる日もあれば、クッキーひとかけらしか胃に入らない日もある。 数か月前から楽しみに…

生きていこうよ

ここ数日、仕事とお金と将来について毎日それぞれ4~5時間近く考えている。 理想の生活をするためにはいくら年収が必要で、手取りがいくらで、それは一人暮らしなのか、引っ越しをして二人暮らしになってからなのか、貯金はできるのか、仕事のスタイルは、…

ねむれない

現在午前2時。眠れずにブログを書いている。 23時30分には布団に入ったはずなのに、延々と眠れず、またこの時間。 眠れないことは苦しい。1年半ぶりにやってきたこの不眠現象。普段なら3分で眠れるのに。2時間経っても、3時間経っても、全く眠れず、ようやく…

ぼんやり未来

久しぶりにPCを起動させた。スマホでもパソコンでもやることはほとんど変わらない、だから普段の生活ではパソコンを起動させる必要なんてない。今だってそうだけど。旅行の計画を立てるなら、パソコンを使った方が便利だから、そんな理由でパソコンを起動さ…