ずぼら女子奮闘記

ずぼら女子がリアルでは言えないことを吐き出すブログ。

メンタル

幸せ探し

結局、自室が一番だと思った。 自分だけしかいない部屋。ベットと、勉強机と、本棚と、衣装棚がある。出窓の上の空間は何も使ってないけれど、朝カーテンを開ければ、光が差し込む。 疲れた時はベットの中に潜り込んでしまえばいいし、手の届くところにスマ…

いちにち

まるでだめな一日だった。 「だめな一日」なんて、だれが決めたわけでもない、勝手に自分で決めつけているだけだ。少しだけ柔らかい表現にしようと思う。「まるでなにもできない一日」だった。 朝、目が覚めても体が動かなかった。すぐにやってくる睡魔に身…

「繊細さ」を受け入れて生きていく(HSPについて) / 武田友紀著「「繊細さん」の本」を読んで思ったこと

久しぶりに本屋さんで元気な時に見つけた本。タイトルを見た瞬間、すぐに購入を決意した。 武田友紀さんの「「繊細さん」の本」を読んだ。 「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる 「繊細さん」の本 作者: 武田友紀 出版社/メーカー: 飛鳥新社 発売日: …

はじめての睡眠薬

1ヶ月前に病院に行った時に「眠れない」と相談した時に、睡眠薬をもらっていた。「1時間くらい寝付けなかったら飲んでみましょう」と言われていたのだけど、なんとなく怖くて、使えなかった。睡眠を安定させれば、だいぶ体調も良くなるはずだ。昨日の夜「3時…

耐え忍ぶだけ

すごかった、台風15号。3日前くらいから、頭痛と気持ちの落ち込みが始まって、直撃した日の深夜はほとんど眠れなかった。1時に寝てすごい風の音で2時に目が覚め、5時まで眠れず、ようやくうとうとしたと思ったら6時にまた目が覚めた。いつもそんな感じだけど…

「そうなんだ」

先日、電車に飛び込もうとした。本当に死にたいと思ったのかどうかは分からない。でも、目の前に走ってくる電車に吸い込まれるような気がして慌てて、気をそらした。ホームの乗り口から一番遠い、安全な場所へ自らを避難させて、なんとかやり過ごした。1日経…

電車の向こう側

※割と重いかも&仲のいい人はショックを受けてしまうかもなのでやや閲覧注意ということにしておきます。自己責任で。よろしく。 *** 週に一度の治療日。トラウマについて思い出すと、怖いイメージばかりが頭に浮かんでくる。脳みそと心が疲弊する90分。 電…

わたしと一緒に

地元のフードコート。病院帰りの午後6時に重いリュックを担いでやっとの思いでたどり着く。100円のコーヒーを買って、ひと息。地元はどこも空いてるからいい。全く人がいないわけではない、でも席は自由に選ぶことができる。自分的に落ち着ける席があること…

自分に嘘をついてもしょうがないから

自分の中のダークで真っ暗でどん底の感情、意識的にふわっとやわらかい言葉で表現するように今までしてきたけど、素直な気持ちや状態を書き残しておいてもいいんじゃないかなってふと思った。 ※というわけでこの先は暗いので、マイナスの感情を受け取りやす…

魂3%

電車に乗れなくなって、数か月が経った。 一日2時間しか寝れない日もあれば、10時間以上ぶっ通しで寝て、それでもまだ滾々と眠り続ける日もある。 一日3食もりもり食べられる日もあれば、クッキーひとかけらしか胃に入らない日もある。 数か月前から楽しみに…

生きていこうよ

ここ数日、仕事とお金と将来について毎日それぞれ4~5時間近く考えている。 理想の生活をするためにはいくら年収が必要で、手取りがいくらで、それは一人暮らしなのか、引っ越しをして二人暮らしになってからなのか、貯金はできるのか、仕事のスタイルは、…

ねむれない

現在午前2時。眠れずにブログを書いている。 23時30分には布団に入ったはずなのに、延々と眠れず、またこの時間。 眠れないことは苦しい。1年半ぶりにやってきたこの不眠現象。普段なら3分で眠れるのに。2時間経っても、3時間経っても、全く眠れず、ようやく…