ずぼら女子奮闘記

ずぼら女子がリアルでは言えないことを吐き出すブログ。

「ちょうどいい」探しの旅

駅前で待っていると、ぷっぷーとクラクションが鳴った。その方向を見ると、笑顔で手を振る友達の姿が見える。すぐに駆け寄り、ドアを開いて車に乗り込む。


「うわぁああ、すだちだー!本物だー!久しぶりーー!」と声が上がる。
「全然変わってないじゃん、服装が、ほんとに中学の時から雰囲気全然変わってない!すごい!懐かしい!」と言われる。
「あはは〜わたしは変わってないよ〜」と笑いながら話す。


中学時代の同級生との久しぶりの再会だった。ちょくちょく数人で集まっているようで、何度か声をかけられていたけれど、いつも予定が合わず断っていた。ようやくタイミングが合い、久しぶりに会うことに。粘り強く誘い続けてくれてありがたい限りだなと思う。


コンビニでお酒を買って、友達の家へ行く。とは言っても地元なので、土地勘もバッチリ、すぐ隣もまた別の友達の家だったりする。
秘密基地のような空間に案内され、感動する。


前日に声がかかって、集まれる人で集まろうぜ、という雑多な集まりだったのだけどすぐに馴染むことができた。昔の同級生に会っても、元通り話せるようになるまで1秒とかからない。


中学の最後のクラスでの交流は卒業して10年近く経ってもゆるく続いていて、いまでも居心地がいいから、わたしにとって「ちょうどいい」場所だったのだと思う。


対して、高校の最後のクラスは「ちょうどいい」場所だったかと言われると即答は難しい。仲のいい友達は何人かいるけれど、クラス全体で仲が良かったか、今でも集まりがあるか、行きたいか、と言われるとなかなか難しい。
仲の良い数人で、「ちょうどいい」空間が完成されていて、そこまででいいかなとなる。


「ちょうどいい」場所を見つけることは難しい。それこそ運や、周りの人たちとの相性が大きく関わってくると思う。
場所も然りである。


例えば新宿。人でごった返していて、極力近づきたくない。南口を1分歩くだけでくたくたに疲れてしまうし、歌舞伎町までの道のりはものすごく遠く感じる。ルミネに入るとカラフルで暴力的な数の情報が目に入って来て、脳内で処理しきれなくなる。


対して、電車で少し郊外に出て、駅前に出ると「ちょうどいいな」と感じる街がある。
ほどよく人がいて、でも混んでなくて、スーパーや薬局や居酒屋などが、「ちょうどよく」点在している。
わたしは直感的に「ちょうどいいな」と思えた街に住みたいし、そんな街を探したい。
今住んでいる街も「ちょうどいい」と本能的に感じていて、もしかしたら離れるのが惜しくなっているのかもしれないな、と思ったりもする。


人生は「ちょうどいい」を探す旅なのかもしれない。簡単には見つからないけれどわたしにとっての「ちょうどいい」をもっともっと探していきたい。