ずぼら女子奮闘記

ずぼら女子がリアルでは言えないことを吐き出すブログ。

くるくる

なにがあったわけじゃないのに、ものすごくメンタルが落ちていて、どうすることもできない。
週5フルタイムがしんどい、と思うのは甘えなのだろうか。メンタル不調が身体にダイレクトに響いて、毎日吐き気やその他諸症状が止まらない。今日は朝食べたおにぎり2つだけ。それも戻してしまったから胃の中は空っぽだ。お腹は空いているはずなのに、食欲は全くない。くるくる。くるくる。

思い通りに動かない身体と心に振り回されるのがしんどい。週のうち5日間は、出勤できるまでに体調を整えなければならない。それが、難しい。

「普通の人ってさ、もしかして日常的に吐き気に悩まされたりしないの?」
「そりゃそうだよ」

そっかー、そうなんだよな。山下と電話で話して再確認した。月に何度も来る発作みたいなものと闘いながら、週に5日も出社することが難しい。

休んでしまった時には、上司や同僚への申し訳なさと、でもやっぱりトイレの前から動けない状況への不甲斐なさと、そういった諸々の感情でどうしようもなくなる。つらい、悲しい、悔しい。

週5フルタイムの仕事がわたしには難しいのだろうか、せめて在宅勤務が週1とかでも認めてもらえたら、体感的にもだいぶ違う、そんな風に思う。

梅雨はそういう季節だから、メンタルやられるのはしょうがないから、周りもつらいから、なんて思うけれど、やっぱりできることならそんなことに振り回されずに元気に過ごしたい。
自分の生活のためだけじゃなくて、家族のためとか、なにか目的があるといいんだけどなぁなんて思ったりする。

森山直太朗の「生きていることが辛いなら」という曲を教えてもらった。最後の歌詞がとてもよくて、普通にめちゃくちゃ泣いた。

思い通りにいかなくて、不甲斐なくて、どうしようもなくて、ものすごく苦しい。いつもだったら甘やかしてくれるもう1人の自分が出てこない。ただただ苦しい、苦しいだけの時間が過ぎる。今週はヤバい。
家族や恋人に心配をかけて申し訳ないし、悔しいし、負の感情しか出てこない。じっと耐えれば過ぎ去ってくれるのか、それともどんどん苦しくなっていくのか。
心療内科やカウンセリングを受診するタイミングを計るべきか。まだ耐えられるのか。また薬を飲んで、止める時の反動などを考えると、できたら服薬しないで済ませたいし、仕事だって休みたくないけど、ただ、どうしたらいいのか。シンプルにまとまった休養を取ることができればきっとよくなるけど、また休職とかはしたくないし、もう後はない、あぁ、ただくるくる考えるだけ。くるくる。

胃も痛いし下腹部も痛い。どうしようもない。あぁ〜〜。