ずぼら女子奮闘記

ずぼら女子がリアルでは言えないことを吐き出すブログ。

「やりたい」でパンクする前に

妄想力・想像力は豊かな方だと思う。一度アイデアが浮かぶと、「あれもやりたい、これもやりたい」とどんどん考えが浮かんできて、一度にやろうとする傾向にある。
もちろん、思いついた初めて取り組むことが同時にたくさんできるはずもない、旅行記を書こう、グルメの記事を書こう、小説を書いてみよう、写真を加工してインスタにアップしてみよう、今までいろんなアイデアを思いついては、少しトライして、挫折した経験が数えきれないほどある。

なぜ挫折するのか、それは同時にたくさんのことを一気に、やろうとするからだ。自分のアイデアの塊で理想だけは、自慢の妄想力のおかげで、ぐんと高いところにある。いざ自分でやろうとした時に、想像通りにできない、うまくできない、こんなんじゃダメだ、とポッキリ折れて挫折してしまう。あれもこれもそれもと欲張っていることもよくない。
このブログが継続している理由には、「ノルマを決めない」「目標も決めない」「書きたいことだけを書く」とマイルールを決めているからだ。

道具が揃ってないから、お金がかかるから、なんて理由をつけて諦めてきたこともある。
また、「どうせセンスがないから自分にはできない」と選択肢にも入っていなかったこともある。

山下と電話をしている時に「最近インスタで絵日記を見るのにハマってるんだよね、すだちも息抜きに書いてみたら?」と言われた。
わたしには絵のセンスが絶望的にない、図工や美術の時間は、苦痛だった族である。夏休みの宿題でも、ポスターを描く宿題が一番嫌いだったかもしれない。数学の時間の方が圧倒的に楽しかったといえば少しは伝わるだろうか。
「絵のセンスがないから無理だよ〜」とその場で言うと「別に絵が上手じゃなくても描けると思うよ、絵自体は簡単に描かれてるものも多いんだよ」と言われた。棒人間くらいなら…描けるかもしれない…?と思ったわたしは、翌日、ノートの端っこに少しだけ落書きをして山下に送ってみた。
書きたいものの写真を見ながら模写すれば少しは形になるものも…ある気がする…??
自分の思い通りに絵のキャラクターを動かせるようになるまでは時間がかかるかもしれないけど、ちょっとずつ練習してみようかなと思った。気が向いたらブログにも載せるかもしれない。

iPadで書けたらいいなと思ったけど、残念ながらiPad mini4のため、Apple Pencilには対応してない。試しにお絵かきアプリで落書きしてみたけど、デジタルの世界は難しかったため、一旦保留。
100均でタッチペンを試しに買ってみたけど、予想通り全然反応してくれないので却下。

ということで文房具屋さんへ行って、CROQUIS1冊(建築学科の友達がいつも持ち歩いててかっこいいなぁと思っていた)とC OP ICを1本、play colorを1本購入してみた。試してみないと分からないことが多い。3時間ほど落書きをして、とりあえずplay colorで攻めてみることにした。続くか分からないから、とりあえず1本でやってみる。ハマって継続できそうだったら少しずつ色とかペンの種類を増やしていけばいいかな。

続かなかったらそれでいい。もしも新しい趣味になってくれたら儲けもんだ、くらいの気楽な気持ちでやってみようと思う。
楽しくてたくさん絵をCROQUISに書いてしまって、でも1ページあたりの単価が高いから、落書き用には安いノートを購入することにした。裏紙でもなんでもいいんだけどね。100均ありがとうの気持ち。

「ハードルを高くしない」「目標は作らない」ことを意識しながら、しばらくやってみようと思います。
アナログの絵を写真で撮って、自分のカメラで撮った写真といい感じに合成できたらなーと思っているのだけど、やり方がわからないな〜色々勉強しないとな、って思ってます。
何かオススメの画材やアプリがあったら教えてください!そんな感じです。