ずぼら女子奮闘記

ずぼら女子がリアルでは言えないことを吐き出すブログ。

遠距離キャリア形成

無理of無理な課題すぎる。というか、就職後の勤務先がまずガチャすぎて、私たちの場合は片道6時間オーバーの場所に引き離された結果、社会人になってもうずいぶんと年月が経過してしまった。変わらず仲良くやっているけれど、一緒になろうとなった場合、絶対にお互いのなにかを犠牲にしなければならない。なにも犠牲にしなくて済むような、運良くパートナーがわたしのいる土地配属になるような、そんな理想論はとっくの昔に捨てた。
いろいろな転機があって、わたし自身にも決断しなければならないことが迫っていたり、でも変わらずパートナーは優しいから「後悔しない選択を、自分で決定してね」と言ってくれている。


さよならの前夜はいつだって寂しい。
一度バイバイすると、決定的に離れてしまう距離に対するダメージは、一緒の時間が増えれば増えるだけ反動が大きくなっている気がする。
となりでいびきをかきながら気持ちよさそうに眠っているパートナーの横顔を見ながら考える。この生活を続けたい。だけど、パートナーの土地でキャリアを重ねられるのかと言われたら否だ。わたしのやりたい仕事がある場所までは、片道2時間近くかかるだろう。そんな生活に耐えられるのか。否、また身体を壊すリスクと隣り合わせだ。専業主婦になる道は、あまりにも自分の描いているものが違う。いつ転勤に振り回されるかも分からない。自分がパートナーを養えるまでの経済力を付けるにはまだ当分時間がかかるだろう。


父親が転勤族で、母親が専業主婦として家庭を守る、というのは全国転勤を余儀なくされる家族にとって当たり前の生活スタイルだったのだろう。でもそれは一昔前の話で、昔よりも貧しくなっているこの時代、共働き前提でお金や家族の計画を立てたい。片方だけに金銭的な負担がかかるのはリスクの高い生活スタイルだとわたしは思う。もちろん、これは個人的に考えていることであり、いろんな生活スタイルを形成する人がいるのは承知の上。だって個人個人で事情は違うから。


自分のキャリアも、パートナーとの生活も諦めたくない。同じ家で暮らしたいし、やりたい仕事をしたい。子育てだってしたい。どうしたものか。頼れる親戚も友人もいない土地で、果たして子育てなんてできるのだろうか。落とし所は自分で考えるしかない。

あまり集中できない日々が続いているので、外で作業をしようと思っていたのだけど、そんな想いとは裏腹に毎日雨の予報となっている。1LDKの家に一日中引きこもっている生活が続いているけれど、案外悪くない。でも、作業するときと生活の部屋が同じであることは、集中力の維持が難しいと思う。後ろを向けば、布団が待機しているし、隣見れば、テレビやゲームがある。かといって、今の家の周りにはあまりいいカフェ環境が揃っているわけでもないので、うーんという状況だ。愛用しているデスクトップのパソコンを持ち込めば少しは変わるだろうか?iPadで研究のレポートが書けるかと思っていたけれど、やはりパソコンには敵わない。というか、しっかりとした長文を書いたり、エクセルで作業をしたりすることに関しては、タブレットだとどうしてもフラストレーションが溜まってしまう。簡単なブログを書く程度だったら全く問題ないのだけども。
段ボール2箱分の書籍を持って、来週には別の拠点へ移る。今現在のわたしの荷物の8割は書籍である。移動が多くなる生活なので、ノートパソコンが欲しいのだけど、預金残高と相談するとホイホイ買うわけにもいかないなというもどかしさが渦巻く。次に今の家へ戻って来るときは、もう少し作業環境向上できるようにしたい。


静かな家。聞こえてくるのは雨と風の音。太陽光をしばらく浴びていない。部屋干しの独特の匂い。鬱蒼としたこの季節、集中力が早く戻ってくるといいのだけど。

空白の1week

突然降って湧いてきたのは、空白の一週間だった。仕事道具のようなものが手元から全ていなくなってしまい、進めていた作業がにっちもさっちもいかなくなった。

もう諦めて、これから7日間はノルマを考えずのんびり過ごそうと思ったけれど、それはそれで空虚な気持ちになるのだった。

いつも手元で愛用している道具が、自分の元を離れてしまうのは想像以上に寂しいものだった。やるべきことが無くなってしまうと、今日も一日どうしよう、と急に宙ぶらりんな気持ちになる。やることがあったほうがずっと、いい。たとえそれが人の役に立つことじゃなかったとしても、自分のためだけだったとしても、やることがあるのは、幸せだ。

 

数か月前は、ただ虚空を見つめて、時が過ぎてくれるのを待っていたというのに、呼吸をしてこの世界に佇んでいるだけで精いっぱいだったのに、今ではやることがないと、それが逆にストレスになるような、そんな状態だ。

人間は面白い。自分でも、自分のことの一部しか分かっていなくて、どんどん深く掘り下げていきたいと思っているけれど、捉えられない全貌があって、でもそれを捕まえたいような、やっぱり知らないでおきたいような、そんな感じ。

 

やることがないから、ひたすら文字を追い続けている日々を送っているけれど、それにも疲れちゃって、さぁどうしようかなという感じ。もう少ししたらまた追われる日常に戻るのだから、しばしのひとやすみなのだけど。

外暑いしなぁ。日焼けもしたくないし。前は理由もなく外出していたけれど、今は大義名分がないと外に足は進まない。この半年で価値観は大きくひっくり返った。

何かやるべきことがまだあったような気がするけれど、思い出せない。窓の外には太陽がきらめいている。

もやっとする

もやっとボールってあったよね、昔IQサプリ?だっけ?クイズ番組で投げてた記憶。

小学生だったわたしは、もやっとボールが欲しくて、似た形のボールをお祭りのくじ引きで当てて嬉しかった記憶がある。もう捨てたんだろうけど。

 

なんだかそわそわして集中できない。なんでだろう。天気が悪いわけではないんだけどな。風は強いけど。んんー。風かな、風かも。心がさわさわする感じ。

やることやもやっとしてることを整理して、また戻りたい。集中っ

 

分かったことがある。絶望的に荷造りが苦手だ。旅行に行く前日の荷造り、あれだけはどうしても好きになることができずに、「あぁ家に帰ったら荷造りしないとか~」と毎回テンションが下がっていた。(旅行は好きなのに)

引越経験も何度かあるけれど、直前になっても全然片付かなくて、半泣きになりながら結局徹夜で荷物の片づけをしていたことの方が多い。どうしてこんなに絶望的なほど、荷造りが苦手なんだろうか。

片付けや荷造りと言った、自分の身の回りのものを整理整頓するのは、非常に難しい。

 

一度決めてしまえば、それに突き進んでいくのは簡単だけど、それを決定するまでの思考プロセスもきっと他の人より何倍も手順を踏んでいるから、時間もかかるし、脳みそへの疲労がものすごく溜まってしまう。なんなんだろうね、あれは。

というわけで今日も、思考がぐるぐるのすだちでした。短いけど終わり。

もうすぐ梅雨ですね

暑くなってきた。窓を開けて扇風機を回すけれど、汗は止まらない。集中力が削がれることによるエネルギーの消失と電気代で迷って、エアコンを付けた。

今日は初めてのオンラインミーティング的なものに参加する予定だった。昨日から、ずっと緊張していて、どんな感じで進むのか、顔出しとかになったら困るなとか、自分も声を出して発言する必要があるのかなとか、色々考えてドキドキしていた。調べても調べても、「これで大丈夫!」と自信がつくまでのレベルに到達しなくて、開始予定の3時間前からはそわそわが止まらなかった。

大好きなアイスティーを淹れて、万が一顔出しになった時に困らないようにTシャツから着替え、予定時間の10分前から机の前で待機をした。開始予定時間になったけど、一向に「参加する」のボタンが現れない。いったいこれはどうしたんだろう。参加できないと困るミーティングだったので次第に焦ってくる。知り合いは居ない。10分ほど格闘するも、どうやら無理そうだと悟り、運営の人にメールを入れて、変わらない画面を見つめ続けることを、一旦諦めた。

元々問い合わせをするときに、電話を使うのがあまり好きではなかったのだけど、この期間を経て余計に電話へのハードルが高くなった。電話はかけるほうの心理的負担もあるけれど、受けるほうだって、作業を中断して強制的に電話に時間を取られるのだ。しかも確認しないと答えられないこともあるだろうしで、メールでの問い合わせが可能な場所には、極力メールで問い合わせるようになった。緊急性が高ければ、電話になるのもやむを得ないかもだけど。

 

考えることが多い。色んな要素を考慮しながら、何が自分にとって最適解なのか、ということを最近ずっと考えている。いいかげん恋人の近所に引っ越して、物理的距離を近づけたい気持ちも大きい。やりたいことと、どうしても外せないことと、優先したいこと。仕事のキャリアも考慮に入れないといけないってなると、もう、選択肢がありとあらゆる数発生してくるし、でもどれかは切らなければならないし、結局は優先順位をつけろということなのかもしれないけど。欲張りだから、全部叶えたいって思うし、できるだけ叶う方法を考えようとするのは、昔からの自分の習性だなと思う。

頭がパンクしそうになるから、文章にしてアウトプットしようとするけど難しい。

とりあえず、調べられることは調べ尽くして、慎重に、でも大胆で納得のいく決定ができるようにしたい。目標が決まれば、あとは動くだけなのだから。