ずぼら女子奮闘記

ずぼら女子がリアルでは言えないことを吐き出すブログ。

氷破壊の儀式

雪が降った。久しぶりに数センチ積もった雪は、翌日になっても、翌々日になっても融けなかった。日の当たらない道路、滑る道路。このままでは車が出せない、歩くのが危険だ、放置していてもあと数日は融けないだろうと考えたのは、自分だけではなかった。休日の昼下がり、コンコンコンと氷を叩く音がする。スコップや高圧洗浄機を駆使して、なんとか道路にこびりついた氷をはがそうとしていた。自分も参加する。近所の人が総出となって、除雪作業を行った。こんなことは初めてだった。雪が積もったら、各々の家の前の雪かきはするが、雪が降り終わった数日後、近所の人総出で雪かき(氷の破壊)を行うシーンに遭遇したことはない。顔は知ってるけど、名前は知らない人。隣に住んでいて、いつもみかんをくれるおばさん。この人も、近くに住んでいた人なのか、とか思ったりしながら、作業を進める。それぞれ作業に熱中しているので、言葉数は少ないが、謎の連帯感を感じた。雪かきって近所の人たちと協力しながらやるものなのか。雪国って、閉鎖的で村社会的なイメージが強いけど(これはただの偏見)、雪かきとかで、必然的にご近所さんとコミュニケーションをとる機会が多いことも、地域の結びつきが強い要因なのかなとか考えたりした。マンションとかに住んでいたら、雪かきとかってしないのかな、しないよな、とか考える。管理人さんが雪かきをするのか、それとも有志の人がやってたりするものなのだろうか。近所の人とやる雪かき(氷の破壊)、悪くない。久しぶりにいい労働をしたなという気持ちになった。

リングフィットが5日連続で継続できている、背中というか肩がずっと筋肉痛である。今年に入って、動きに機敏が出てきた気がしている。生理前だからあまり激しい動きをするとすごく胸が痛いが仕方ない。この胸の痛さ、まじでどうにかなんないかな。

f:id:sudachitt:20220108171606j:plain

夕日に照らされた木と ささやかな月

 

人と会話しないのが一番ヤバい

自分にとって、家族以外の人との雑談の時間が極端に減ることは、精神的安定の欠如を意味する。誰かと顔を合わせて話すことの大切さを知ったのはコロナ禍から。

今月は、ずっと在宅なので人と交流することがない。そして、誰かとオフで会う予定もほぼ皆無である。さて、どうするか。

やらなければならないことはたくさんあるが、それを捌くペースや計画は自己決定できるので、余計に難しい。誰かを誘って飲みに行ったり、外出するほど時間があるわけでもない。Twitterのスペースとか使ってみようかなと思ったが、鍵垢だとホストになれないことが判明。友人に30分くらい電話しようって頼もうかなと思ったりもしている。インスタライブとかは使ったことないし、なんか怖いしなぁ。友人とクローズドな環境で、一日15分くらい雑談できたらいいのだけど。あとはmocriを使ってくれる友人を開拓するか、悩ましいところ。mocriで作業の合間に雑談できたら、そんなにありがたいことはない、と思いつつ。

オンラインのシステムでなにかいい循環作れたらなと思うけど、どうしようかなぁ。

近所に丁度いい行きつけの喫茶店とかあったらよかったのかもね。純喫茶、今いる場所の近所にはないなぁ。いい感じの喫茶店って、たいてい喫煙可なのがつらい。雰囲気がよさげで気になるお店はいくつかあるんだけど、今でも煙がモクモクしているから、入るには入れない。そういえば、結構前の飲み会の解散前、お店の前でたむろしながら自分以外全員煙草を吸い始めて困ってしまった。煙草のにおいがどうしても得意になれなくて、ひとりでそっと距離を取ってスマホを弄った記憶。においって距離を取る以外にブロックする方法がないから難しい。でも煙草を普段吸う人は、飲んでる時も吸いたいんだろうなぁ、お店の中では我慢してくれてたんだよなと思うと、何も言えないなと思ったり。

 

こんなことを書いていたら、太陽が落ちてきた。会話がなくて辛いから、私はブログを更新しますよっと。リアルが忙しかったら、ブログ更新する暇なんてないんだよな、これは私が6年間ブログ続けて発見した結論のひとつ。早く遊びに行きたーい。年末年始に会った友人に既に会いたくなってる。はは。

 

正月休みの終わりに(2022年)

2022年が始まった。今日は1月3日。今年の正月休みは1月2日までと決めていた。今日から、元通りの生活に戻る。朝7時に起床し、前日の鶏ガラからとったスープでお雑煮風にした朝食を食べ、8時から仕事にとりかかった。

今月中にノルマ達成できるか不安になりながら、前日に立てた計画通りに進めていく。12時、久しぶりに家族がそろった状態でのお昼ご飯。12時半から、再開。太陽の光が心地よく、満腹感と、朝からギアを上げすぎたので、眠くなってくる。腰も痛い。呼吸が胸のあたりで止まっている感覚。ベットが昼寝の誘惑をしてきたので、思い切って外に出ることにした。

車を走らせる。大きな橋を渡るとき、遠くに雪をかぶった山々が見えた。冬の本当に空気が澄んでる日しか見られない景色。雪山を見に行きたいなと思いながら、山と青空を見る。冬のパリっとした空気が好きだ。車を降りて、空気を深く吸う。物事に集中すると、呼吸が浅くなる。今月は、意識的に腹式呼吸をする時間を取り入れたほうがいいと思った。

 

カフェへ着く。普段の1.5倍は人がいるだろうか。勉強する人と、家族連れと、友人連れと。15分ほど待ってから、4人席に案内される。自宅より広い机が使えるのが、本当にありがたい。隣の席では若いカップルが勉強をしていた。彼氏と話している、彼女の顔が本当に幸せそうで、これは恋人の前でしか見せない顔だな、なんて思う。自分もパートナーに会いたくなったが、向こう2か月はお預けである。

カフェの店員の数はどう考えても足りてなくて、てんてこ舞いに走り回るスタッフに密かにエールを送る。頼んだ珈琲は10分経過しても届かない。のんびり待つことにする。甘いものが無性に食べたくなったけど、今夜はすき焼きなので我慢。そういえばPMSの時期かと思う。

 

今年の年末年始は親戚付き合いに参戦することができた。数年前は体調悪すぎて、親戚の集いに参加できる状態ではなかったし、哀れな自分の状態を見られたくなかったし。去年はコロナで自粛して、今年久しぶりに会えたなーという感じ。祖母とか叔父叔母に会えるのは普通に嬉しい。数年会ってないと、色々あるなと思った。人生。

90歳の祖母にラインを教えているけど、根気と工夫と楽しめる要素が必要だと思った。この間は、「ラインの表示名をひらがなで下の名前にする」「スタンプ入手のために友達になった企業はすべてブロック、トーク履歴も消す」「キーボードはかな配列固定(あいうえおが全て見えるやつ)」「パスコード入力を全て削除」「タッチペン(100均)をプレゼント」などの処置をした。ボケ防止のためにも、定期的に自分の写真を送ろうと思う。画面に出てくる情報量が多くて、見る気が無くなる&脳内処理が難しくなるのと、タッチがうまくできないのが苦労してるポイントだと思った。ちょうどいい強さと長さで画面をタッチできず、感覚がつかめないみたい。思ったような反応にならないから、フラストレーション溜まるよね。少しでもできたらさりげなく褒める&「私のメッセージを見てくれたらうれしい」&「私に返事してくれたら嬉しい」ということを伝えて続けていけたらいいと思っている。使い方を書いたマニュアルは、きっと手書きの方が馴染みがあって読みやすいんだろうなと思う。(祖母のLINEを確認したら、ブロックされてて笑った。多分、私に返事を書こうとして色々苦労したのだろう)

 

2022年はどんな一年になるだろうか。

大きな目標がひとつある。これを達成するのが第一の目標。来月中に達成できるかもしれないし、秋ごろまで引っ張ることになるかもしれない。とにかく、最優先事項として達成すべきことがある。

運動習慣の継続と、ダイエット。マイナス5kg、できたら7kgくらい落とせたらいい。体重よりも見た目が変化するといい。フィットボクシングを週3,4で継続する。どこかの本で、生理後は筋トレを、PMSの時期は有酸素運動を、生理中は無理して運動しない、と書いてあったのでその通りにしたい。効率よく運動して効果を出すために、ホルモンバランスも考えると。

動画編集と投稿に挑戦してみたい。自分で話す練習も兼ねて。人の話を聞くのは得意だけど、自分から話題提供して話すのは苦手なんだよなー。

結婚式は、現時点で2組のに参加予定。この先増えるかな、どうだろう。楽しみ。

旅行も行けたらいいな。徳島のフェリー、長崎のハウステンボス五島列島、石川の能登半島、愛媛の道後温泉佐田岬への欲求が最近高い。あと北海道のタウシュベツ橋梁と富山の黒部峡谷鉄道五島列島へ行くための交通費が高すぎてこないだびっくりした。コストの関係で自費で行く気にはなかなかなれないので、Goto再開してくれたらいいんだけどな。五島列島までの交通費だけで、余裕で海外行けちゃう。大学生の時ぶりに18きっぷで旅ができるチャンスがあるかもしれない。行けるタイミングで積極的に狙っていきたい。どうでもいいけど、旅行の行きたい場所がマニアックすぎて、身バレしそう。しないか。

去年出産した友人にもお祝いを持って会いに行きたい。長年会いたいと思っている人が多すぎる。今年こそは。

ブログのリンク整理とアドセンス取得も。ブログのリンクとっ散らかりすぎてて、本当に悲惨…(かれこれ3年近く放置してる気がする)

新しいことにたくさんチャレンジできたらいいな。2022年だから、22個の新しいことに挑戦したい。チャレンジして違うなって思ったら、やめればいいだけだしね。始める前にぐだぐだ悩むより、行動に移せる1年にしたい。おわり。

今年もよろしくです。

2021年の奮闘記

今年もあと少しで終わりますね。忙しくてブログの更新は滞りがちだけど、年末のこの記事だけは書き続けたいという信念があります、すだちです。

2021年、みなさんどんな一年でしたか。わたしは、体調がいいことに感謝しながら過ごす1年でした。そして、新しい出会いがたくさんありました。

 

もうね、体調が良くなったんですよ。低気圧の時のめまいや頭痛もすっかりなくなり、もちろん「死にたい」とかっていう抑うつ症状もなくなり。毎日朝起きて、ご飯食べて、活動ができることの喜び。手帳を振り返ると、上半期は体調しんどい時もあったみたいなんですけど、下半期は本当に元気だったんだなぁと思っています。頭痛ーるも卒業したし、ほぼ毎日フィットボクシングで運動してるし(背中とかスッキリしてきた)、30分以上歩くようにしてるし、うつだった時期が嘘みたい。20代の元気なタイミングで、うつ病になってしまったのは残念だし大変だったし苦労したけど、それを克服して、周囲の人間のありがたさとか支えとか、自分の体調が悪くなるサインとその対処法とか色々身に付けられたし、知ることができたので、よかったなと思うようになりました。人生、無駄なことはないし、全部の経験が、そのあとの人生に役立つと思って、日々を過ごしています。

元気に仕事や勉強ができるだけで、どれだけありがたいことか。

 

そうそう、退職しました。いえーい。紆余曲折あったけど、新天地で心機一転、色々と動いています。来年、いい報告ができたらいいな。やりたいことに打ち込める環境に感謝です。本当に。それと同時に、前職の人に挨拶する中で、とても嬉しい言葉をかけてくれた人が何人もいて、退職した後も交流を継続できる関係の人もいて、嬉しい限りです。年齢差があっても、環境が違っても、いい関係が続いたらいいなと思っています。ありきたりな言葉だけど、ご縁を大切にしたいなーと。年賀状って、普段交流のない人と、ご縁を切らさないためにいい役割を果たしていたんだなと思ったりします。今は1枚も送ってないけど、年に1度だけ、近況報告のやり取りをする機会として、もってこいな文化だなと。

 

東京五輪がありましたね。ぬるっとはじまってぬるっと終わったなという感想です。卓球がアツかった。水谷と伊藤の混合ダブルスの試合は、ずっと忘れないと思う。最終セットで大逆転した試合。ドイツが相手だったっけ?水谷の諦めない心と、攻め続けるプレーで、マッチポイントとられたのに大逆転したのは本当にすごかったなぁ。水谷は、本当にレジェンドだと思う。伊藤の楽しそうに卓球してる姿もたまらなく好きで、この先も笑いながら卓球を続けてほしいなと思います。

 

とある学校に通っています。月に2日だけ授業を受けて、勉強をする学校。同級生は20代から60代の人たちで、背景も仕事も色んな人がいます。育児しながら、仕事しながら、介護しながら、みんな勉強を頑張っていて、パワフルだな、すごいなと思っています。講師の先生も超個性的で、話すのも上手で、あっという間の授業時間。課題をこなすのが大変で、ヒーヒー言ってるけど、間違いなくこの学校で学んでいることは、今後の人生に活きると思ってます。この年になって、新しく友達ができるとは思ってなかった。年は全然違うけど、気の合う人も何人かできて、わたしとしては友達だと思える人もできました。同じ目標があって継続的に会える環境と、その気があれば、社会人になっても友達ってできるんだなと新しい発見です。

 

あと、自分がやりたいことを発信したり、行動を起こすことも大事だと思った一年でした。

たまたま出会った人と、興味が共通していて、さらに研究や実践をしている人を紹介してもらえた機会がありました。めっちゃうれしかったなぁ。コロナ禍で閉塞的だけど、だからこそ動いてる人もいたし、遠方でもzoomで話せるし、みたいな。ふわっとした表現で申し訳ない。

 

コロナ禍、まだ終わらないけど、個人的にもう感情を揺さぶられることはないのかなと思っています。また緊急事態宣言とか出ちゃったら別だけど。インフル的な感じの扱いで落ち着いてほしいなと思うばかり。そろそろマスク外して外を歩きたいよ。

 

2年前の大みそかに一緒に銭湯に行った友人の結婚式が、来年あります。時の流れ!結婚ラッシュが本当にすごい。久しぶりに会える人がたくさんいると思うのでめっちゃ楽しみ。

2019年の奮闘記 - ずぼら女子奮闘記

 

ブログの更新はぼちぼちでしたね。現在495記事、読者さん546名って感じです。年末くらい数字を記録しておくことで、自分の歩みを止めない宣言。アクセス数も全く追ってない、完全に趣味用のブログとして存在しています。読みに来てくださる方、いつもありがとうございます。来年は500記事突破できそうだな~大台に乗りますね。来年こそアドセンスもちゃんと通すぞ。

 

そんな感じです。2021年は「再生と始動の一年」でした。根っこをどんどん広げた一年だったなぁ。

来年は、飛躍の一年にしたい。新しいこと、やりたいことが山のように積まれているので、どんどんはじめたいな。2022年なので、22個の新しいことに挑戦したいと思っています。もちろん健康が大前提で。

今年もありがとうございました。来年もよろしくお願いします!

 

2020年の奮闘記 - ずぼら女子奮闘記

2018年の奮闘記 - ずぼら女子奮闘記

2017年の奮闘記 - ずぼら女子奮闘記

ファミレスとギャル

お昼を少し過ぎたころ、ファミレスに入ったら4人組のギャルがいた。

 

ギャル、笑う。大きな声で笑う。悩みなんてないんじゃないかってくらい、大きな声で、楽しそうに笑う。

ギャル、仲間との距離が近い。ボディタッチが多い。ゼロ距離必至。ドキドキして倒れちゃいそう。

ギャル、すぐに自撮りをする。背景なんて関係ない。食べ物も写さない。サイコーのテンションで、自撮りをする。

ギャル、メイクをする。目がどんどん大きくなる。キラキラしたメイク道具で、更にキラキラになる。

ギャル、熱心に手を振る。友達とzoomでもしているのだろうかというほど熱心に、誰かに向かって手を振っている。4人同時に。笑顔で。

ギャル、隣の席の赤ちゃんに、手を振る。赤ちゃんが手を振り返す。

ギャル、笑顔になる。赤ちゃんの両親も、照れながら微笑んでいる。

ギャル、いないないばぁをする。赤ちゃんが大喜びする。わたし、それを見ながら泣きそうになる。

ギャル、清算をする。伝票とメニューを見比べて、計算をする。小銭を出し合って、割り勘をする。

ギャル、席を立つ。店員さんに道を譲りながら、歩いていく。

ギャル、スタイルがいい。自信満々に、楽しそうに歩いていく。

ギャルの去った机、とてもきれい。コップとお皿がきれいに並んでいる。ゴミも、一か所にまとめられている。

 

ギャルにも夢があるのかな、家に帰ったらどんな生活なのかな。素敵な夢があるのならば、それを叶えてほしい。笑って、楽しく生きてほしい。