ずぼら女子奮闘記

ずぼら女子がリアルでは言えないことを吐き出すブログ。

平日の銀行

銀行に来ている。相変わらず待ち時間が長い。ネットで振り込みができればいいのに、紙で発行された諸々は窓口限定らしい。平日の9時から15時の間にまとまった時間を確保するのは難しい。
空いてれば30分程度で終わるけれど、今回は1時間超えコースである。平日の貴重な時間。移動時間を含めるとなんやかんやで2.3時間かかる。インターネットに慣れている自分としては、すごく無駄だだと思う。家からできれは10分程度で済むだろうに。


コロナ渦になって余計、人の時間を使ってしまうことに敏感になった。タイムイズマネーの感覚も強くなった気がする。
オンラインでおしゃべりすると、通話を切るタイミングが難しい。直接会っている時は、電車の時間とか、お店の会計時とか、2次会に移るタイミングとかいろんなタイミングで「帰宅」「バイバイ」の雰囲気にすることができる。
オンライン通話だと、お互い家に居ることは分かっているし、大抵夜なのでその後何か予定が入っていることもない。独身の友人がほとんどだから、気を使う人もいない。おしゃべりは楽しいけど、通話を切るタイミングが難しくてちょっとだけムズムズする。


銀行の窓口で、おばあちゃんが何かしらをしている。ゆっくりゆっくり。対応する方も大変である。でも、いずれは自分も、そして近いうちに両親もこのようにお世話になる時が来るのだろう。
寛容でありたいと思うが、急いでいる時にボトルネック的に作用されてしまうとイライラしてしまうのは否めない。時間の流れ方がかなり違うなと思う。


プライベートで心がザワザワすることが重なっている。このザワザワの正体は「不安」である。自分が結果を変えることはできないから余計である。自分の影響範囲外のことだから、そのままの結果を受け入れるしかないのだけど。不安に心を奪われるという労力は無駄なのだけど、とはいえ、ねぇ。このザワザワをゆっくり味わう。ちゃんと向き合おう。